情報コミュニケーション学会(Japan Association for Communication, Information and Society)は情報通信ネットワークやコンピュータなどにより高度に情報化された社会におけるコミュニケーションについて学際的に研究することを目的とし平成16年2月28日設立されました。本学会は日本学術会議協力学術研究団体に指定されています。

トピックス

 NEW 第3回社会コミュニケーション部会の発表募集を掲載いたしました

      (Last update:2016/05/25)

 NEW 学会誌 Vol.12 No.1の論文募集のお知らせを掲載いたしました

      (Last update:2016/03/08)

  ・ 第13回全国大会のプログラムを掲載いたしました

      (Last update:2016/02/15)

  ・ 2015年のスケジュールを掲載いたしました

      (Last update:2015/06/08)

  ・ 第12回全国大会の各種発表賞受賞者を掲載いたしました

      (Last update:2015/03/24)

 


2016年 学会スケジュール

2/27~28: 第13回全国大会(大阪電気通信大学)を開催
7/09: 第3回社会コミュニケーション部会(明治大学)を開催いたします

 

2015年 学会スケジュール

2/28~3/1: 第12回全国大会(東北芸術工科大学)を開催
7/18: 第16回研究会(千葉商科大学)を開催
9/27: 第17回研究会(畿央大学)を開催
11/14: 第11回情報教育特別委員会(園田学園女子大学)を開催
12/06:

第18回研究会&第5回メディアコミュニケーション部会&第11回キッズコミュニケーション部会(福岡)を開催

 

2014年 学会スケジュール

3/1〜2: 第11回全国大会を開催
3/29:

第11回キッズコミュニケーション部会(関東地区)

を開催

4/19:

第12回キッズコミュニケーション部会(関西地区)

を開催

7/5:

第13回研究会第2回社会コミュニケーション部会(共催)

を開催

9/20: 第14回研究会(福岡)を開催
11/08:

第15回研究会(東北芸術工科大学)を開催

11/22:

第10回情報教育特別委員会(園田学園女子大学)を開催

 

2010年

  第8回全国大会のご案内(Last update:2011/03/30)

   各種発表賞の受賞者が決まりました。 →詳細はこちら

 

◆ 特別企画セッション ◆

  Ustream配信はこちらから御覧ください → 
   Togetterでセッション時のTweetをまとめました → 

 

 

事務局からの連絡

2016年

3月08日: 学会誌(通巻20号)の論文募集

 

学会誌の論文募集(Last update:2016/03/08)

◆学会誌編集委員会だより━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       学会誌 Vol12 No1(通巻20号)の論文を募集

                     学会誌編集委員長 西端律子

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 会員の皆様、平素は本学会に格別のご協力を承り誠にありがとうございます。

この度、学会誌Vol12 No1(通巻20号)の論文を追加募集いたします。以下の原稿作成の留意点を参考にしていただき、奮ってご投稿下さい。4月上旬頃を目途に編集委員会宛にご投稿下さい。

 本学会では以下の4種類の論文の種類があります。論文内容や特徴を合わせてご執筆下さい。

◆募集論文の種類

[1] 研究論文(Research Paper)
 

情報コミュニケーションに関して、新規性のある研究・開発・実践の成果をまとめたものを言います。

 10ページ以内。

(著者名あり、著者名なしのWord、PDF提出)

[2] 概観論文(Review Paper)
 

情報コミュニケーションに関して、既存の研究をある視点のもとに体系付け、まとめ上げたものを言います。

 12ページ以内。

(著者名あり、著者名なしのWord、PDF提出)

[3] 実践論文(Practical Paper)
 

情報コミュニケーションに関して、必ずしも新規性を強くは問わないが、有用性のある実践の成果をまとめたものを言います。

 10ページ以内。

(著者名あり、著者名なしのWord、PDF提出)

[4] ノート(Note)
 

情報コミュニケーションに関する、実践的な研究成果、意見、討論、提案等を記述し、新規性(オリジナリティ)は必ずしも高くなくても、研究の方法と成果を明確に記述したものを言います。

小・中・高等学校での実践的な取り組みの報告や成果等も募集いたしております。

 6ページ以内。

(著者名あり、著者名なしのWord、PDF提出)


◆投稿締切 2016年4月上旬
◆発行予定

Vol.12 No.1 2016年6月末(予定)

◆査読と採録

編集委員を中心に、投稿された論文の該当分野の専門家に査読を依頼し、査読期間を経て5月下旬までに採録を決定する予定です。

なお、査読の進行状況により採録が6月以降に決定した場合は次々号への掲載となる場合があります。

◆投稿要領

学会誌執筆要項ページから投稿申込書をダウンロードのうえ、必要事項を入力し、投稿規程(執筆要項)に従って電子メールにて投稿してください。

電子メールのタイトルには「論文投稿」と入力ください。

※ 執筆要項、投稿申込書が変更されました

◆投稿アドレス

cis-genkou@sonoda-u.ac.jp
◆問い合わせ

情報コミュニケーション学会事務局 学会誌担当(鴨谷)

園田学園女子大学 情報教育センター内

e-mail : cis@sonoda-u.ac.jp

 

>> 過去の連絡へ

 

▲ PAGE TOP


お問合せ先: 情報コミュニケーション学会事務局